2015年04月


前回、人生における一番大事なことは、

「嘘をつかずに、本質を生きること」とお話しました。 


さて、その次に大事なことは、

「自分は、信じることができる人間だろうか?」

ということです。


 もし、自分に嘘をついていたら、

「他人も 、私と同じように嘘をつくはずだ」と思うようになります。

そして、疑心暗鬼に陥り、「何か魂胆があるのではないか」と

他人を、さげずむようになります。


こういう人が、「私は、他人を信じられないだけだ」と

言う場合がありますが、これもまた嘘です。

この人は、また自分でも嘘と気付かずに嘘をついてしまいます。


本当は、「他人を介して、私には災いが起こると思っている」

というのが、本質です。


つまり、この人は、「気を抜くと、私の人生には災いが起こる」と

思っています。自分の人生そのものが、信じられないのです。


すると、常に周りを警戒し、気を張っていなければなりません。

緊張を解いたら、災いがくるかもしれないのですから、

常に用意周到に、備えていなければならないのです。


すると、神経は緊張し、筋肉は固くなり、

何をするにも力が入り、疲労は常にのしかかります。

それによって、血行も悪くなり、頭が回らなくなり、

なぜ、自分は、疲れるのかも分からなくなり、

体だけが、黙々と緊張を続けるようになります。


しかし、これは、全て自分で起こしていることです。


「自分は、信じることができる人間であるだろうか?」

つまり、「私は自分の人生を信じられるだろうか?」


この問いは、非常に奥深く、私達の身体と心と人生に

働きかけ、一生を左右します。


 


最近は、連絡事項のみをアップしていましたが

久しぶりに記事を書こうと思います。


人間にとって、まず一番大切なことは、

「いま自分は、自分を生きているだろうか?」ということです。


あなたは、本当にあなたか。

あなたの本音を口に出しているか。

あなたが本音と言って口に出していることは、本当に本音なのか。 


そういうことを、考えて、生きてますでしょうか。


世の中には、治療院や施術院は、たくさんあります。

名刺をもらいますと、「あなたの力になります」

「当院にお任せ下さい」と、皆さん力強く書いています。


これは、本当にそう思って言っているでしょうか?


あなたには、あなたの流儀があって、

あなたが培った経験と、あなたの実績があり、

それによる自信、それらによって確立された自分のスタイルが

あると思います。


・・・では、もしこれが、何かの弾みでガラガラと

崩れ去ったらどうなるでしょう?

崩れ去る様を想像してみて下さい。


さて、もしこの問いかけに対して

不安になったり、「嫌なことを言うな・・・」と思われた場合、

そう思った自分を見直してみて下さい。


あなたは、「一生懸命、外観を作っているだけ」かもしれません。


作りものであるから、「崩れる」という概念が当てはまってしまいます。

もし、作りものでなく、本質を歩んでいれば、

そこは、地面なのですから崩れようがありません。

だから、本質を生きている人は、上の問いかけに

何も反応することがないんです。


あなたは、どちらでしたでしょう?


私達は、沢山の嘘をついています。

自分まで、その嘘で丸めこんで、「地域に愛されているお店です」と言って、

自分が地域に愛されたいだけだったり、

「一生懸命頑張ります」と言って、頑張りを認めて欲しいだけだったりします。


そして、その嘘を「本音だ」と言います。

そういう嘘をまずやめなければ、大成などしません。


これは、身体も同じです。

身体は、絶対に最後は崩れ去るんです。

あなたが、年老いた自分を想像できないとしても確実に迫ってきます。


しかし、年を重ねてから、どうこうしようとしても

体力もなく、頭も弱くなり、どうにもならないんです。


あなたは、いま自分を正さなきゃいけない。

本当の自分を生きるなら、本質を歩まなければいけません。

それには、自分が自分についている嘘を直視しなければなりません。 

sakura

4月に入り、新たな春を迎えました。


それを機に、今月から施術メニューを

改新致しましたので、ご連絡を申し上げます。


詳細は、以外ページをご覧ください。

≪メニュー改新のお知らせ≫

http://www.earth111.com/news/

↑このページのトップヘ