例えば・・・

500円を寄付する場に居合わせたと考えます。

たまたまそういう場に立ってしまった。


そこで、寄付しようとして、お金を取りだしたら、

隣から不意に「別に寄付しなくてもいいよ」と、

誰かに言われるとします。


すると、

「あ、やっぱりどうしようかな。もったいないからやめようかな」 

と考えてしまったと・・・

さあ、この出来事を皆さんどう考えますか?


・・・


よく「成功しよう!」・・・と言う方がいますね。

一回くらい成功してみたいんだろうなぁと思うんですけど、

例えば、その成功はお金が沢山入ってくることだとします。


入ってきたお金は、今度は、使わなければいけません。


「貯めておけばいい」と皆さん思うと思うのですけど

それは、自分の人生に終わりが無いと思ってるようなもので、

 全てのものに「終わり」があるんですね。つまり無になります。


だから、お金の終わりというのは、「無くなる」ということです。


「お金を使う」というのは、一つの「苦」ですね。

だって、何かをしなければならないわけですから、

「何につかおうか」と悩まなければならない。

そういう悩みは、人生にとって「邪魔」とも言えるんです。


では、冒頭の話に戻ります。


500円を寄付する場に居合わせて、

すんなりお金を払っていたら、

「どれだけ楽だったでしょう」か。

すんなり「終わらせる」ことができました。


しかし、「悩んで」しまった場合、どれだけ苦であるか。

また違う終わらせ方を考えて、右往左往しなければなりません。