600px-Knicklichter
またいずれ改めて私のプロフィール詳細を書こうと思いますが、私が整体師にデビューした時は、そりゃもう先輩から怒られまくってました。「怒られる的になる人」っているでしょ?おとなしく素直に言うことを聞く人に多いのですが、僕はまさにそれに該当したんですね。

毎日、毎日、怒られる。しかも殆どが「理不尽な説教」なんですよ。半年間怒られ続けました。
ストレスで胃が痛くなって、心底、職場に行きたくないと思う。いま現在、そういう状況にある人がいるかもしれませんが、私もまさにそれを体験したことがあります。
 
私なんて、整体師にデビューしてから、最初の半年間なんて、お客さんが全くつかなかったんですよ。誰にも指名されませんしね(笑)施術した人が施術終了後に全員「もう来ません」って言うんですから、そりゃ怒られますね。
  
・・・で、どうしたか?
 
ある日のことでした。怒られて、怒られて、本当にね、怒られ疲れたんです。それで、もう、怒られることに対して「悔しい」とか「悲しい」とか「負けるか」とか、いちいちリアクションを取ることが面倒くさくなったんですよ(笑)・・・なんか飽きたんです、その状況に。
 
それである日、いつものように怒られている時に「相手の怒りの感情は無視して、言っていることをただただ素直に聞こう」と思ったんですね。すると、先輩が怒ってきて、いつもなら残念な表情で話を聞くのですがそれをやめて「ああ、なるほど、分かりました」って聞いたんです。すると、先輩は、「あ、ああ・・・まあ、わかりゃいいんだよ」って、その日以来、怒らなくなりました。
 
 怒られなくなると施術にようやく集中できるようになり、怒られなくなった次の日から、患者さんに毎日指名されるようになりました。その変化は、2つ同時にバシっと起こりました。あまりにくっきりと線を引いたように状況が変わったので、非常によく覚えています。
 
私はその時、「うまい怒られ方」ってのを覚えたのでした。

みんな頑張ってるのは分かるんですよ。当時の私も頑張ってました。怒られたら、また頑張るでしょ。そしたらさらに「私だって頑張ってるんでよ!」って言いたくなるのね。

でもね、一番最初にやることは、一回、自分が「折れる」ことなんですよ。
私はそれ以来、新しいことを学ぶ時にいつもそうしますが、「自分も多少できるぞ」みたいな変な自信を学びの場に持っていかない。そんなちっぽけな自信は、パキっと折った状態で臨むんです。若い頃にそれを経験上、身につけておいて本当に良かったと思います。

例えば、何か新しい学びの場に行くとしますでしょ。で、その場に居合わせる他の人たちもいる。で、新しい話がなされるときにね、「なるほど、なるほど」って聞いている人は正解です。中にね、必ず「はいはい、そうですよね!」・・・っていう返事をする人がいるんですけど、「あ、この人、聞けてないな」って思います。自分は分かってるってことを「言いたい」だけなんです。

人間は「吸収」と「排泄」は同時にはできない。だから「聞く」ことと「言う」ことは同時にはできないんです。「聞くべき時に言っちゃってる」わけなんです。

人間ってね、「人の話を聞けなくなったら終わり」です。僕はね、年寄りをたくさん施術してきたから、それがはっきりと分かる。人生が終わるわけじゃないですが「成長」が終わるんです。

冒頭に載せた写真は、ケミカルライトです。
パキっと折ると、光が灯ります。それと同じ原理で、最初に折れないと本当には光りません。
 
怒られた時にね。「ちくしょー」「悔しい」「ちっ」「けっ」「むかつくなー」「なんだよあいつ偉そうに」「ああーー」「きーー」・・・これらのことを言ってる内は、飛躍的成長は無理です。

年をとるとなかなか折れられなくなるかもしれません。だから若い人は、早いうちに折れといた方がいい。それがね「自分が受け取る学びに対する敬意」なんです。相手に頭下げているようで、深いところではそうではないんです。「自分の人生が自分にもたらしてくれる学びに対して、敬意を払う」ことになるんですね。

「怒られ上手な人」
「怒られることの本質を理解している人」
僕は正直、ほとんど出会ったことがありません。

怒ることって、実は相当な「親切」なんです。怒るのはエネルギーがいります。私も見込みのある人には試しに怒ったりします。だけど、なかなか折れられないですね。たった一回の怒りでグラグラと揺らぎ、折れられもせずせいぜい凹む程度です。

「凄いチャンスなんだよ」って心の中で思っています。昔、「誰もが福井先生のようにはいかないんですからね!」って言われたことあります(笑)「それは違う」って思う。自分が23歳の頃に体験したから折れることの良さを知ってるんです。