私ね、相手によって見せる面が違うんです。これは、キャパシティの大きな人間にとってはどうしようもない「現象」なんですね。私の周囲にいる一部の巨大な人達も、同じ感覚なので「皆、そうなのだなぁ」と分かるんです。

例えば、巨大なタイタニック号を間近で見た時、最初は一体これがなんなのか分からないかもしれません。「クジラ?」「ミサイル?」「夜になった?」「幻覚か?」、そんなことを考えながら、タイタニック号が目の前を通り過ぎて、少し遠のいた時に、やっと「ああ、でかい船だったんだ!」とわかる・・・そういうことは、実際にあります。

つまり、自分が小人だった時、大きな人物に出会っても、自分の視点からは一部しか(理解できる部分しか)見えないようにできているわけです。

人間というのは、一面ではなく「多面体」なんですね。どの角度で光が差し込むかによって、見える部分が変わるわけだね。それは、あなただって同じことなんです。ただ、あなたがいくつの面を使っているかはわかりませんので、せっかく多面体でも一面しか使っていなかったら、その面しか他人には見えないんですね。「あの子って、いつもああよね」なんて言われてしまうわけです。

私の場合、エネルギーの話をするときに、最高にエネルギーが発揮されます。さらに、エネルギーの初心者ではなく、すでに「エネルギーありき」の世界で生きている人と会うと、私の中心核は大きな輝きを放つんですね。相手のエネルギーが大きければ、深い話がゴロゴロ出てきます。それは、相手がそういう人だから見せられる面なのです。

かたや、イメージとして「近所のおばちゃん」と道端で出会ったとします。そのおばちゃんにしてみれば、「近所の若いにいちゃん」くらいにしか見られてないかもしれませんね。その場合、私は「近所の若いにいちゃん」」の面しか見せません。そのおばちゃんにとって、私は一生、近所のにいちゃんです。お互いさまかもしれませんがね。

それ以外にも、喫茶店で出会う店員、電車内で居合わせる人、誰かのセミナーで出会う人、スーパーですれ違う客、誰かの紹介で「こんにちは」と挨拶だけする人。人の出会いには様々な「角度」があるということです。そして、その角度によって、見せられる面は自動的に変わるわけです。

私のエネルギーの講座に申し込んでくる方がおられますが、中には、私と一度も会ったことも直に話を聞いたことがないのに申し込んでくる方がいるんですね。そういう人に対して、私は「やるな」って思うんです。良く見抜いたなって思う。だから、そういう人は、私の凄い引き出しを開いたりします。

私は、エネルギーの様々な法則を知っています。それらは、身体、精神、人生、ビジネス、お金、人間関係など様々なことをマルチに解決する知識です。しかし「そんな職業はないから」という理由で、「整体師」という肩書きを現代社会に合わせてタテマエとして用いています。エネルギーというものに対してまだコモンセンス(共通感覚)がない時代だから仕方がありません。

相手がお年寄りなんかになると「エネルギーとは」なんて説明は殆どしません。分からないからです。しかし、気づく人は気づくもので、不思議なことに「90歳以上の人」は、どういうわけか私が体のエネルギーを動かしていることに勘付いたりします。これは、人間の生命力がなせる技です。やはり、長寿の人は敏感なんですね。

「人を見抜く能力」はかなり人生を変えるのです。私はフェイスブックもしていますが、フェイスブック繋がりで、たまに私の投稿を見て、個人的に質問してくる人もいます。「先生、これに対してはどう思いますか?」って(そういうシーンは、表には出ませんね)。その時に、私は、相手の「勢い」を見ています(感じています)。凄い勢いできたら、それに見合う凄い回答をします。軽いノリできたら、軽い回答しか出なかったり、無視します。これは「現象」なんです。

自分が大きく叩くから、向こうからも大きく返ってくる。私は、非常に物理法則、つまり自然を尊重していて、それに従った動きをついしてしまうんです。それらの法則に施術でも、人生でもとてもお世話になっているからですね。相手が軽くつついてきた時に、相手以上に必死になって対応することは、ありません。できないんです。不自然は、のちにどこかに「ひずみ」を生むことを知っているからそれに反することもしません。

さて、あなたが、周囲のエネルギーに対して、ガツンと働きかけたら、エネルギーからも大きな反動が来ます。私は、エネルギーの講座を過去に何度もしていますが、その場において「思い切った話」をすることがあります。これを話すと一体、何が起きるのか想像がつかない・・・というでかい話ですね。

過去に最もそんなでかい状況を生んだのは、もちろん、エネルギーの話を初めて公開した講演会でした。その時の、反動たるや凄まじく、私は、話し終えた後、体が電気に打たれたようになり、ガタガタと震え、汗だくで微熱が出て、一晩中うなされました。しかし、それが「辛い」とは思わなかった。ただ、その時の反動が、それから数年経っても、未だに私の人生に影響を与え続けています。その時、会場にいた人たちの受け止め方も、そりゃ凄かったと思います。もちろん、そういう機会はこれからもあるでしょうがね。

ビリヤードの玉のように、人間ってのは、どういう角度で出会うのかによって、その行き先は違うんです。素晴らしい出会いをする時というのは、自分のエネルギーが非常に良い状態の時と相場が決まっています。