たまには、私からはどのように世界が見えているのかを、書いておこうと思います。

それは、やはり普通ではないですよ。ただ、よく生徒に言いますが、普通ではないことをやるならば、よほど普通のことを知っていなければならない。スポーツでもそうですが、基礎が分かっていない人間は、自分勝手に振舞っているだけで「超越」ということができない。ただ単純に型破りな人間であれば、今度は、他人に教えることができません。

だから人間というのは、最初は凡人であっていい。親が普通でも、ごく普通の家庭に育ってもいい。何も才能がなくてもいい。私はそもそもそこから始まっているから、だからどうやって、どの道をたどって、こういう見地まで来たか自分で良く分かっている。おそらく昔から他人と何か違う人間は、「何が他人と違うのか」をいまだに理解していない。

エネルギーということをお伝えしていると、特異な才能を持っている人や、一風変わった人達も私のところへ訪れる。しかし、そういう人達を見ていると、「ああ、なるほど、この人は、こういう角度では物が見えないらしい」と気づかされることがよくあります。この人は全体のうちの「ココ」を見ている、あの人からみたら、この出来事はこういう風に映っている・・・ということが手に取るようにわかる。それは、私が普通に様々な人の目線に立って働いてきたからよく分かる。

例え、私がエネルギーという見地を持っていて、人よりも何かがわかるとしても、仕事で対応するクライアントさんというのは、そういう人達ではなく、様々な家庭環境や、立場や年齢や所属する社会団体というものがある。主婦の方や、おばあちゃんや、学生ということもある。当然、それらの方達の「目線に立って」対応しているわけで、それが何万回も施術をしてきたとなると、様々な視点を知ることになる。

私がエネルギーについて分かるかどうかなど、来院したクライアントさんにすればどうでもいい。ただ、他より結果が出るとか、そういうメリットがあるから私のところに来るわけで、それがエネルギーだろうとなんだっていい、それは私がクライアントさんだったらそう思うのだから、それで良いと思う。だから、特異なものを披露することはあっても、押しつけることはしたことがない。私の話に興味を持つ人がいて、学びたい人には教える。しかし、自己顕示のために教えるのではないのだから、相手の目線に合わせて教える。相手が自分の目線を高めようと、一歩踏み込んだ質問をしてくればそれについて語る。相手がこれ以上、聞きたいことがないというなら、それ以上のことを知っていても語ることはない。その体裁は、昔から変わらない。

そのようなわけで、私から世界がどのように見えているか結論につなげていくと「境界線がない世界」に見えている。もちろん普通の日本人の一般的社会観も持ち合わせているので、二つの世界がオーバーラップして見えていることになる。

例えば、施術をしているとする。私はその時、相手の体を「他人とは思っていない」。エネルギーの世界とはそういうものである。

施術の時、相手の体に触れるのであるが、その際に、身体を通じて、相手の身体の情報が入ってくる。施術がうまくできない人間は、その情報をキャッチすることに疎いのであって、なぜ疎くなるかというと、まだ「自分と相手が個体として違う」と思っているからです。

人間というのは、共感できないものは、理解できないようにできている。そういう風に、他人と自分を「分けて」考えている施術家は、正確に相手の体の情報をキャッチすることができない。自ら理解を拒否しているようなものである。

クライアントさんを「その一回でできるだけ良くしなければならない」と、真剣に考えていれば、クライアントの身体に触れた時に、それがまるで自分の身体に触れるかのごとくに理解できなければならない。もはや他人を他人と思う脳の固定概念があってはならないのである。

私は施術中に深く精神を集中させるほど、相手との境界線がなくなっていく。それほど身体の奥深くまで診るのであるから、身体の輪郭に捉われていては奥が見えない、境界線に捉われていてはエネルギーなど探れないのである。

とは言え、ここからが大事なことであって、他人と自分の境界線が強ければ身体を深く診ることはできないが、そうは言っても「他人様の身体である」ことを忘れてはいけない。つまり、相手の身体にドカドカと入っていくからには、そこには、それに応じた「他人の身体への尊重」がなければならない。ここのバランスが非常に大切なのである。

初歩的な施術家というのは、他人の身体に深々と入っていくことができないものである。キャリアの長い施術家でも、まだまだ深さが足りないために痛みの根っこが取れないことがよくある。だから、他人の身体に余計な遠慮をせずに深く意識を巡らせることは大切なのである。しかし、逆にそれができる者になると、今度は相手の身体への尊重が足りない。

相手の身体に深々と入っていけなければ、それは普通のどこにでもいる施術家となるし、かといってドカドカと入っていって尊重がなければ、それは非常識である。どちらの者にも足りないものは「機微への配慮」であるし、そして、「相手」という存在を知らなすぎるのである。

施術家に限ったことではなく、仮にあなたから見て「相手」というものは、どういう存在であるだろうかと思う。

私は、「私は、あなたである」と思う。

なんだかそれらしい言葉に聞こえるから言うのではなくて、この一言を口にするには、どれだけの理路がなければ正確にこの一言を表現できないかということも考えなくてはならない。

簡単に、どういうことかというと・・・

様々な地域で講演会を何度も何度も行ってくると、そこに参加する方達、全員の視点が「全く違う」ことに気づく。このブログにおいてもそうで、同じ文章を読んでいても、どこをどういう意味に捉えて読むかは、全員違う。だから、私は私を正確にあなたに伝えることは「不可能」である。

また、講演会に行くと、前からは全員の顔が見える。そして、私は単なる講演家ではなくて、施術家であり「境界線を感じていない」「他人を他人と思っていない」人間である。つまり、全員の顔を見て、すべての人達に(いわゆる)同期をして、全ての人の視点を通して壇上にいる私を眺めて話している。つまり、私はあなたを通じて話しているのである。それは不思議なことではなくて、「そういうことは、他人を尊重していたら、自動的に起こるでしょう」というのが私のリアルな感覚として有る。

だから、「相手」という存在に対して「私はあなたである」と思う。

では「あなたは私である」のか?それは、あなたが「相手」というものを、どのように思っているかによるので、必ずしも言えない。もし、あなたが他人を「他人として力強く分別」していたら、もちろん、そういうことにはならない。


さて、分かったような分からないような話かもしれないが、人生、分からないよりも分かった方がいい。一生を生きて、よく分からないまま死ぬよりも分かった方がいいと、私は何となく、お年寄り達を診てお別れしてきた経験からそう思う。

エネルギーという話を聞いて、知的好奇心を掻き立てられれば幸いに思う。