私は、エネルギーのことばかり言っているように見えますが、実は色んな仕事に関わっている。その全貌はここでは置いておくとして、エネルギーの理解を推奨するのは「時代とともに変動する知識を手にするよりも、普遍の知識を学んでいた方が一生使えますよ」という教えなわけです。

小手先のテクニックではなくて、そういう本質的なアドバイスを、あなたもキャッチされているでしょうか?

世の中に、ある種の法則があることは誰もが感じているかもしれません。その源流である見えないエネルギーの流れの論理を理解してから「目に見える自分のやりたいこと」に羽を広げた方が失敗しなくて済みますよということです。

それらは僕の経験則で、僕は、新卒社会人の頃からとにかく仕事ばかりし、様々なビジネスセミナーや教材にも手を出したが、その殆どは時代と共に使えなくなったり、ビジネスをする場所が変わればまた話が違うものとなった。

そういう失敗を「みんなはしなくていいと思う」というのが「経験者は語る」というものであって、私が未だに日々、東京で革新的なものに触れ続けるのは、そう言った経験的遺産を後世に残すために他ならない。それが年長者として当然の役割です。

さて皆さんは、「明日会社を辞める」とか、「新しくお店をオープンする」とか、そういう出来事があるとドキドキされるかもしれません。

明日はどうなるか分からないような一世一代の跳躍をされると、その度に、人生における大きなドラマに思えることでしょう。ただ、僕はその一世一代の跳躍を、遠慮がちに言っても6回はやっている。そんなことを競って言うわけではなく「それくらい跳躍しても、案外、生きてるぞ」という人間のタフさを小耳に挟んでおいて良いと思う。

それでは、私がスーパーマンのように持ち前の手腕や、頭の良さや、人の良さでそれらの跳躍をスムーズに乗り越えてきたかというと、考えてみたらそうではない。一生に一度の挫折というもの(もう自分の心がポッキリ折れて、二度と立ち上がれないような症状)には、のん気に笑いながら数えても3回はなったことがある。

そうやって、のん気に笑えるのは、面白いことに挫折をしたとしても、そこで話は終わらないということである。挫折して舞台を降りたら(辞めたら)そこで話は終わる。しかし「挫折したなぁ〜」って言いながら、そのまま挫折した状況を過ごしていたら、次の展開が始まるのである。つまり、失敗では終わらない。

ここには2つのポイントがあって、挫折するならしっかりと一度は「折れる」ことである。そういう瀬戸際で折れないように踏ん張る人がいるが、私の知る限りそういう人は「次のステージに進めない」。

僕は、そういう経験があるから「折れる」ことの大切さを知っている。でも、例えば周囲で「もう少しで折れそうだ」と愚痴ってるやつが居て、なら親切心で折ってやろうかとすると、大抵ダッシュで逃げられる。「なんだ、まだ走る力が残ってるじゃねーか」と思う。

そう、折れたら終わると思ってるから、その前に他人に甘えて、折れないように何かを補充する。人間のその心理が、すべての「早合点」の根底にある。

この話は、失敗の根底にあるのは「早合点」なんですよ・・・ということだが、早合点の根底を先に語ることになりました。


早合点というのは「よく聞いたり確かめたりしないうちに、もう分かった気になる」ことです。多くの人は、この早合点をライフワークの一環として行なっています。しかし、もう一度、念を押して言っておきますが「早合点」はあらゆる失敗の元となります。

現代人の弱点は、結論を急ぐという点です。

まだ結論に至っていない生半可な回答を、それを結論だとして無理やり提出し続け、その努力の結果、どれも虚しく実らないということになる。

多くの人は「自分はこれ以上は考えない」というボーダーラインを決めています。そのボーダーラインは、案外、よく見える。

対話をしていても、その人の「これ以上は考えない」というボーダーラインを越える話を持ちかけると、白々しく席を立ち居なくなったり、知らんぷりをします。皆さんの周りにも、そういう人はいるはずです。

その「これ以上は考えない」ボーダーラインというのは、その人が「早合点して決めた境界線」なんです。その人は、そこを「結論」としたわけです。だからそれ以上、先の結論には進めない。それが大きな失敗なんです。なぜなら、そういう人がその後、大発展的な人生を歩むとは到底考えられない。なぜなら全ての上昇は、勢いのある流れの先にしか生まれないからです。

さて、最後に話を手前に戻しますが、人間は、よく聞いたり確かめたりしないうちから人生において折れたり転んだりすることが恐いと思っていて、そうならないように身を守るつもりで、よく聞いたり確かめたりしないうちに結論を急ぎ、そして失敗するという、とんでもないロジックに嵌っていることに気づいてますか?というお話でした。

人の話を素直に聞くという基本を、もう1回やり直した方が良いのではないかということですね。

人の話が懐疑的に聞こえるのは、それが疑わしい話なのか、本当の話なのか、本質を見極める力があなたにないからです。早合点して決めた境界線の中にいるうちは、そういう力を伸ばすことができないわけです。それで一生を生きた結果、人生についてどれだけ理解できるかは不明です。